XPERIA Z5 PREMIUM(エクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:時期尚早

 

SONY(ソニー)がIFA 2015で発表したのはフラグシップである
XPERIA Z5だけではありませんでした。
小型版であるXPERIA Z5 COMPACT(エクスペリアZ5コンパクト)
初の4Kディスプレイを装備したXPERIA Z5 PREMIUM
(エクスペリアZ5プレミアム)も一緒に発表しています。
その中でも注目を浴びているのが最上位モデルある
XPERIA Z5 PREMIUM。果たしてどんなデバイスなのでしょう?
これから探ってみます。

 

 

 

SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:スペック(仕様)
ディスプレイ:5.5インチ4K IPS(2160*3840ドット解像度・806ppi)スクリーン
OS:ANDROID 5.1 LOLLIPOP(アンドロイド5.1ロリポップ)
CPU:2.0 GHz + 1.5GHz オクタコアQUALCOMM MSM8994プロセッサー
メモリ容量:3GB RAM
ストレージ:32GB
重さ(重量・質量):181g
面積:154*76*7.8mm
バッテリー容量:3430mAh
カメラ:23メガピクセルメインカメラ、5メガピクセルサブカメラ
その他:microSD対応(200GBまで)、防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)

 


SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:デザイン
XPERIA Z5シリーズの中で最も大きく、高性能な
XPERIA Z5 PREMIUMはなんとミラー(鏡)ケースを
使用しています。なので背面をみると・・
映るんです。自分が。結構はっきりと。
おおっ。不思議不思議。
確かにこれは品がありますねぇ。高級感が半端ないです。
綺麗ですし。輝いている・・・眩しい・・・!(鏡だから当然か)
でもちょっとでもホコリとかついてたら神経質になりそうですね。
毎朝これ拭くのが日課になりそう。
つるつるし過ぎて滑りやすそうですし。
カラバリ(カバーバリエーション)はクローム、
ゴールド、ブラックがありますが、
現在NTT DOCOMOで販売されているモデルは
クロームとブラックのみです。
電源ボタンは細長く形が変わっており、その底に
指紋認証センサーが内蔵されています。
XPERIA Z5、そしてXPERIA Z5 COMPACTのレビュー記事でも
述べましたが、非常に速く、正確です。
位置も丁度指を置く場所ですし、快適なパフォーマンスを
見せてくれます。
本体の厚みは7.8mmで、フラグシップフォンである
XPERIA Z5より若干厚いですが、画面サイズを
考慮すると薄い方です。
問題は重さ。180gは結構ずっしり来ます。
音量ボタンが電源ボタンにの下に配置されている点は
人それぞれ意見が違うと思いますが、自分はまぁ・・
慣れれば大丈夫でした。

 

 

 

SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:ディスプレイ
ソニーエクスペリアゼット5プレミアムの最大の特徴と
言えば、誰がなんと言おうと4Kディスプレイです。
SONYはQHDを飛ばし、殆どの人がテレビやパソコンのモニターでは
経験したことのない解像度を導入しました。
XPERIA Z5 PREMIUMの画面サイズは5.5インチ、
解像度は2160*3840で、画素密度は806(!)ppiです。
577ppiのGALAXY S6でさえも太刀打ちできません。
で、4Kディスプレイで4K動画を見た感想はですね・・・。
感心しました。凄いですよ。凄いのは凄いんですけど・・
何が凄いのかがわからないのが問題。
確かに鮮やかですし、綺麗だなぁと思うんですけど・・・
これはXPERIA Z5でも感じたことなんですよね。
両端末を横に並べてじ~~っと見比べると
わかりますよ。エクスペリアZ5プレミアムの方が
鮮やかだということ。でもパッと見てはわからない。
GALAXY S6と比べると近くで見ても区別がつかないです。
もし10インチ以上のタブレットなんかだったら
より違いがはっきりしたかも知れませんが。
また、今の時点では4K解像度をサポートする
コンテンツ自体、少ないですね。
YOUTUBEなんかを除くと。
あくまで現在の時点での話ですけど・・。
やはり時期尚早だったのでは?
物凄く目が良い人じゃないと4K解像度の凄さは
実感しにくいと思います。
残念ながら自分は目悪い方なんで・・。
画質に厳しいという人でもQHDで十分なのでは?
ただ、撮った静止画をいくら拡大しても
ぼやけず鮮明だったのは印象的でした。

 

 

 

SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:性能(ハードウェア)
ソニーエクスペリアZ5プレミアムは2.0 GHz + 1.5GHzの
オクタコアQUALCOMM MSM8994プロセッサー、3GB RAM、
32GBストレージ、microSDカードスロット(200GBまで対応)を
搭載しています。XPERIA Z5と全く一緒。
なのでそのパフォーマンスも同じです。
まずOSはANDROID 5.1.1 LOLLIPOP
(アンドロイド5.1.1ロリポップ)ですが、
近い未来にANDROID 6.0 MARSHMALLOWへ
アップデート予定です。
最近同じ大型フォンであるNEXUS 6Pをレビューしたので
やはり6Pと比べてしまうのですが・・・
メーカー独自のアプリが基本搭載されているのが
やっぱ目立ちますね。消せるのは消せるんですが
最初からこんなに入っているとなるとちょっと目ざわりです。
ウェブ閲覧、マルチタスク、複数のアプリ同時起動、
全てスムーズです。4Kディスプレイを装備しているので
少しもたつくのではないかと心配しましたが、
それは無用だったようです。
最新ゲームもスムーズ。しかしXPERIA Z5や
XPERIA Z5 COMPACTで見られた発熱問題は
ここでも存在します。特にゲームをしている時
ほっかほかになりますね。

 

 

 


 

 

 

SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:カメラ
カメラもXPERIA Z5と同じなので言うことは一緒です。
背面カメラは23メガピクセルに、前面カメラは5メガピクセルに
アップしています。今までソニーはなんでその高いカメラ技術を
スマホで活かさないんだ!?と思いましたが、遂にIPHONE6Sにも
負けないトップレベルのスマホカメラを搭載した模様です。
普通におまかせモード(自動)で撮っても
800万画素の素晴らしい静止画をゲットできますが、
手動で2300万画素にするともっともっと鮮やかな画像を
手に入れることが出来ます。ここで自慢の4Kディスプレイが
活かされるわけです。他の端末は4K画質モードで
撮ったとしても画面に映るのはQHDかFHD。
でもSONY XPERIA Z5 PREMIUMはそのままの
4K画像や動画を楽しめます。
これ以上鮮明には出来ないだろう、と思うほど
素晴らしい究極の画像や動画を眺めていると、
ちょっとやり過ぎなのでは?とも思えた
4Kディスプレイを愛おしく感じてしまいます。
容量が半端無いんであまり頻繁には撮影できないんですが。
5倍まで可能になったズームイン、瞬時に被写体を
とらえてくれるオートフォーカス機能も印象的です。
暗所での撮影性能も飛躍的にアップしています。
ただ、今更気づいたことですが、
動く物体をしっかりとらえることは難しいです。
潔く諦め、動画で撮ったほうが良さそうです。
5.1メガピクセルの前面カメラは背面カメラほどでは
ありませんが、自分撮りには十分すぎるほどの
性能を備えています。画質のクオリティも前作の
XPERIA Z4とは比べ物になりません。

 

 

 



SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:バッテリー寿命
XPERIA Z5 PREMIUMは3430mAh容量バッテリーを
内蔵しています。これは普通に考えると大容量で
安心できそうなバッテリーなのですが、
エクスペリアZ5プレミアムが市場で最も高画質な
ディスプレイを装備していることを忘れてはいけません。
予想通り、その大容量バッテリーも4Kディスプレイの
半端ない電力消費には手も足も出ない様子でした。
ライトユーザーの自分にも1日が限界と言えましょうか・・。
毎日充電が必須です。2時間の映画を観たら
バッテリー残量が30%程減っていました。
つまり動画は6時間位が限界ということです。
自分はそこまで映画やゲームをぶっ続けて
見る方じゃないんで問題ないんですが、
一日中スマホから手を離さないハートユーザーには
ちょっときついかも知れませんね。
また、無線充電機能が搭載されなかった点もガッカリです。
予想通りといいますか・・・やはり現在の時点で
スマホに4Kディスプレイは荷が重い気がします。

 

 

 

SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:特徴
外部容量に対応するのはありがたいことです。
最初端末に電源を入れた時点でもうアンドロイドOSが
10GBを占めているので、自由に使えるのはせいぜい
20GB位。最近のゲームや動画は容量が凄まじいので
これじゃ全然足りません。だから200GBまで対応する
microSDカードはもはや必須。
これでちょくちょく4K動画を録画するユーザーでも、
ストレージの心配をする必要はなくなるでしょう。
スピーカーは業界トップレベルの
HTCブームサウンドスピーカーにも
負けないほど立派なサウンドを届けてくれます。
プレイステーション4のゲームをスマホで楽しめる、
SONY自慢のPS4リモートプレイは滞りなく動作します。
問題は利用しているネット環境でしょう。
家のインターネット速度が速ければ快適ですが、
遅いと・・・苛々させられるはず。
とにかくXPERIA Z5 PREMIUM自体はリモートプレイを
起動するに十分なパワーを持っています。
XPERIAスマホの防水・防塵機能は定評がありますが、
1時間位水の中に入れておいたら壊れてしまったという
海外ユーザーの報告もありましたので、
あまり過信しない方が良さそうです。

 

 

 

SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:販売先
SONY XPERIA Z5 PREMIUMはドコモ(docomo)で
販売されています。詳しくはホームページを参考下さい。

 

 

 

 

SIMフリー端末はエクスパンシス、アクセサリーなどは楽天で購入できます。
楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まります。
また、楽天モバイル楽天カードを併せて契約すると
楽天で買い物する際に楽天ポイント還元率が1%UP、
最大5%が常に還元されるようになります。)

 

 

 

SONY XPERIA Z5 PREMIUM(ソニーエクスペリアZ5プレミアム)レビュー評価評判感想:結論
ソニーエクスペリアZ5プレミアムでYOUTUBEの4K動画を
鑑賞した時はいつもフルHDで十分だと主張してきた自分ですら
感心してしまいましたね。
直接撮影した4K動画をそのままの画質で見れるのも素晴らしいです。
しかし、それでも4Kディスプレイをスマホに搭載したのは
時期尚早のような印象を拭いきれません。
一般の人にはXPERIA Z5のフルHDで物足りるし、
画質にこっている人でもGALAXY S6やNEXUS 6PのQHDで十分、
おつりが返ってくるという考えも変わっていません。
4KとQHD画質を区別できるユーザーすらほんの一部でしょう。
大容量バッテリーを搭載したのはいいんですが、それでも
電力を貪る4Kディスプレイを完全にカバーしきれていません。
新しく採用されたミラー素材は面白いです。
でもその他は全部フラグシップであるXPERIA Z5と一緒。
果たして、まだ見れるコンテンツも少ない4K画質のために
バッテリー寿命を犠牲にする必要があるのでしょうか。
それに画面がデカイのだから仕方のない事かも
知れませんが、重く、値段も高いです。
業界最高画質の大画面でゲームや動画を
楽しめるというメリットは決して小さくないです。
しかしそれがXPERIA Z5を選択肢から排除し、
XPERIA Z5 PREMIUMを選ぶほど大きくはないと思います。






*スポンサードリンク*







最新記事

Sony Xperia XZ Premiumレビュー:4K降臨!

Sony Xperia XZsレビュー:そこまで変わってはないけど

Sony Xperia X Compactレビュー:4インチ型スマホ

Sony Xperia XZレビュー:弱点は・・?

Sony Xperia X Performanceレビュー:微妙

XPERIA Z5対COMPACT対PREMIUM比較:違いは?どっちがいい?

XPERIA Z5 PREMIUM(エクスペリアZ5プレミアム)レビュー:時期尚早

SONY XPERIA Z5 COMPACTレビュー感想評価評判:小さくても強力!

XPERIA Z5(エクスペリアZ5)レビュー感想評価評判:Turning Point?

SONY XPERIA Z5(エクスペリアZ5)の発売日(発売時期,発売予定)スペック(仕様)最新情報





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

iPhone 9の発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ!

Galaxy S9の発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ!

Galaxy Note 9の発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ!

Apple Watch Series 4の発売日,価格,スペックなど最新情報まとめ!

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク